アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

日米高校生のスタディツアー

東北の被災3県で活躍している女性たちが集まり、課題に対してソリューションを考えるプログラムとして、グラスルーツアカデミー(旧 国際地域女性アカデミー)があります。前回、私が参加したときに通訳として参加してくれた友人のSoshaからの繋がりで、8月12日にスタディツアーの高校生たちを迎えました。

TOMODACHI 米日ユース交流プログラム
(U.S.-Japan Youth Exchange)

http://usjapantomodachi.org/ja/programs-activities/tomodachi-u-s-japan-youth-exchange-program/

交流プログラムの東北ツアー最終日として、【ふくしま30年プロジェクト】と【CHANNEL SQUARE】を見学することになり、その際に福島の現状をお話しさせていただきました。
参加者は、アメリカ:ワシントンD.C.からと、日本:関東、東北の高校生たちです。

13924873_971783229605101_2566476069383928147_n

まずは【CHANNEL SQUARE】のインドアパークを体験!
「トライしてみる?」と聞くと、アメリカの学生たちはヒャッホ〜♪って感じで飛び乗る!
日本の学生に比べると、とても積極的でした。

13903408_971783289605095_8139638650902189872_n

その後、カフェでランチをしてから、福島第1原子力発電所事故〜放射能についての勉強会となりました。
小学生向けのワークショップで使用している紙芝居や◯✖️クイズも行い、後半には、彼・彼女たちから、かなり難しい質問も出てきました。

13895212_971783476271743_6808324750134608346_n

福島の行政や東電の対応について話すと
「それに対して訴訟はおこしたのか?」

放射能の身体への害について話すと
「自然放射線と今回の事故で放出した物との、身体への影響の違いは?」

何も知らないから、小学生レベルで話してと言われていたわりには、とてもハイレベルなワークショップになりました。
そして、ホールボディカウンター等の測定機器の見学や、実際に自分たちで屋外の空間線量を測り、線量が高い傾向にある場所を探す体験などもしました。

13902712_971783592938398_1081441753978713707_n

最後には、福島市内にある仮設住宅や汚染土壌置き場を見学。どこに行っても質問がたくさん出たし、熱心に話を聞いてくれました。
新幹線改札口がある福島駅西口までバスで送り、みんながありがとう!って。
いつ書いたのか、手紙までくれて。

13903372_971783692938388_2135336714158931610_n

とても、うれしく、その純粋な気持ちに感動する機会となりました。

(さはら まき)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【告知】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2020年3月1日(日)に、福島県立博物館で開催されている特集展「震災遺産を考える -それぞれの9年-…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

告知

【告知】第5回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後の「これから」を、共に生きる人たちへ 2020年2月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第5回「福島の現状…

ページ上部へ戻る
Translate »