アーカイブ

助成団体

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

講演会

高校生 測定体験

 夏休みを利用して、福島の現在を知りたいと、京都から15人の高校生が来てくれました。沿岸部の南相馬視察、仮設の方や福島市内の高校生との交流、そして食品測定の体験がメインの2 泊3 日の校外活動です。
 彼らの多くは留学体験があり、部活動(beyond 部)として海外の同世代と交流をしています。原発事故以後の日本や福島の現状を、自分達の目で見て感じたことを伝えたいと、ホームページを見ての申し込みでした。限られた時間でしたが、玄米測定を体験してもらいました。
 引率の先生によると、南相馬へ行くことにまだ難色を示す保護者もいらしたとか。生徒さん達の主体的に課題意識を持った行動に感動と力をもらいました。若い彼等が感じた思いを、福島に生きる人びとの暮らしや思いも合わせ世界に広げてくれることを託して別れました。
 高校生の前向きで素直な感想や意見を頂きました。以下に一部を掲載します。

● 今回測定を体験することで、福島の食品の安全性を知ることが出来ました。近畿にいると安全だと言われても実際に測定の場にいるわけではないので完全に信じることが出来ませんでした。私の周りには基準値も知らないで安全ではないと考える人がいます。実際に測定した結果を帰ってからみんなに話したいです。

● ニュースで見ていた放射線量の報告の裏にはこんなにたくさんの作業があったことに気づきました。今回初めて分かったこと感じたことの記憶が新しいうちに早く周りの人に伝えていきたいと思いました。

● 福島というイメージにとらわれるのでなく、実際安全だから売られているという事を信じるべきだと思います。原発がもたらす福島の被害がとても大きくてびっくりしました。原発がもたらす影響について考える機会になりました。

 

(ワークショップ担当)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジャーナリズム? 政府広報?

飯舘村長泥地区で行われることになった、覆土無し除染土壌使用による食用作物栽培実証事業。それが判明したのは、大島堅一教授の行政文書開示請求によ…

『省令改正「時期尚早」指摘相次ぎ見送り?』 しかし…

8月7日~9日にかけて、福島県内の新聞、テレビのニュースでは、飯舘村長泥地区で除染土を覆わずに野菜の栽培の実証実験が行われていることが報じら…

コシアブラが、フリマアプリ等で個人売買されている問題点

 フリマアプリ等で購入したコシアブラが100 Bq/kgを超過した件で、前回アップした経緯以外に補足したいことがあります。以下、前回と重複す…

ヤフオク!、メルカリ購入のコシアブラで基準値超過の顛末

 6月1日に東京新聞で「ヤフオク、メルカリなどで放射性セシウム基準値超えの山菜出回る」「まだ警戒必要なのに…国会ではセシウム基準値緩和の議論…

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

ページ上部へ戻る
Translate »