アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

ふくしまくらす交流会

【ふくしま くらす 交流会】 〜智恵子さんに教わる 美味しい玄米甘酒〜

 7月6日に福島市渡利にある「カフェギャラリー 風と木(ふうとぼく)」で開催した、『【ふくしまくらす交流会】〜智恵子さんに教わる 美味しい玄米甘酒〜』は、落ち着いた素敵な空間の中で皆さまに楽しんでいただけました。

0706-01

[ 右手前:講師の丹治智恵子さん ]

 

 今回は、4月17日に行った交流会での山田真先生のお話「免疫力と腸活の大切さ」を受けて、「発酵」をテーマにワークショップを行いました。講師に、「風と木」の丹治千恵子さんをお迎えし、玄米甘酒を作るワークショップです。

ふくしまくらす交流会2016.7月

 上記チラシにもある通り、玄米甘酒以外にも、こうじ漬けの試食や腸内細菌・免疫力の勉強会と盛りだくさんで、予定時間いっぱいの内容となりました。
 

以下、『感想』の一部を掲載いたします。

0706-02

・甘酒だけでなく、塩麹、三升漬けの作り方も教えて頂けて、またすごく簡単なので自分でも作ってみようという気持ちになりました。
・普段から意識して摂っている発酵食品についての、知らなかった知識などが知れたのが良かったです。
・甘酒の簡単な作り方も、教えていただけたし、たくさん試食もでき、とても良かったです。発酵食品や腸のお話しもためになりました。

0706-03

 

また、今後の交流会への要望についてのご意見もいただきました。

・身体にも、地球にも優しい内容の交流会を、企画お願いします。
・また次の発酵企画たのしみにしています。
・シビアな話しもいいですが、出来たら、より良く暮らすためのヒント♪をいただけるような会を期待しています。

0706-04
0706-05

参加した方々の満足度については、120パーセントと言っていいようなご意見を多数いただき、主催者冥利に尽きるという感じです。

今後も、放射能問題に加え、個人レベルで取り組める、食の勉強会・ワークショップもプラスしながら、ふくしまくらす交流会を開催していこうと思います!

(さはらまき)

しんきん絆ロゴ-横

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【告知】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2020年3月1日(日)に、福島県立博物館で開催されている特集展「震災遺産を考える -それぞれの9年-…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

告知

【告知】第5回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後の「これから」を、共に生きる人たちへ 2020年2月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第5回「福島の現状…

ページ上部へ戻る
Translate »