アーカイブ

助成団体

ふくしま未来基金
ふくしま未来基金

東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援事業」の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
株式会社カタログハウス

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

核のゴミどこへ  -最近の動き

 原子力発電所から出るいわゆる「核のゴミ」の処分場を巡り、経済産業省は沿岸部の海底の地下や離島の地下を有力な候補地とする方針を出し、地質調査などの技術的な課題の検討が始まったというニュースを耳にしました(※)。使用済み核燃料はガラス固化体と呼ばれる高レベル放射性廃棄物に処理します。この高レベル放射性廃棄物は使用前の燃料棒と比較すると放射能が10万倍以上になり、人が近づくと即死するほどのもので10万年間管理が必要です。現在、高レベル放射性廃棄物に処理する前の使用済み核燃料は2万5千本あり、再稼働することでさらに増え続けるものです。ゆゆしい問題だとしてTBSラジオ「日本全国8時です」のトークファイルの中でも取り上げられていました。フクシマの事故を受けて、ドイツはすばやく原発を廃炉にすると決定しその作業が始まっています。
 原発再稼働は、原発事故の危険性だけでなく、核のゴミの処理と言った大きな問題を抱えているのです。このことが、ひそやかに進んでいることにも注目しておきたいです。                                   (arai)

(※)核のごみの処分場、沿岸海底下も検討 経産省 :日本経済新聞2016/1/26魚拓
「経済産業省は26日、原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)について、沿岸の海底下で最終処分できるかを検討する有識者研究会の初会合を開いた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

放射能測定

【 2017年11月 】空間線量の測定結果

空間線量は地上から1mの位置でγ線を測定した数値を掲載しています。 [table id=153 /]…

食品測定

【 2017年11月 】食品・環境測定結果

認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクトで測定した結果については、「みんなのデータサイト」でも公開しております。 「みんなのデータサ…

告知

201711/21

【告知】第3回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

食品測定

【 2017年10月 】食品・環境測定結果

認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクトで測定した結果については、「みんなのデータサイト」でも公開しております。 「みんなのデータサ…

放射能測定

【 2017年10月 】空間線量の測定結果

空間線量は地上から1mの位置でγ線を測定した数値を掲載しています。 [table id=146 /]…

ページ上部へ戻る
Translate »