アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

お買物プロジェクト

「お買いものプロジェクト」で一番高い検体

お買いものプロジェクトで一番Csの測定数値が高い物が出ました。
上の写真にある「ハナイグチ」というきのこです。
山形県の直売所で購入した物ですが、常温のまま一週間が経過しているので
既に腐って茶色い物質になり原型を留めていません。
腐っても放射能を測定するのには何も問題ありませんので、左の70ml容器に詰めて測定しました。

Ge半導体検出器で10800秒(3時間)測定した結果、

Cs-134 41.1±2.21Bq/kg
Cs-137 72.0±2.86Bq/kg

となり、合算すると基準値を超えてしまいました。
やはり、山から採取したきのこは福島県外でも気を付けねばなりません。
今回の原発事故を起こした原子力発電所が福島第一原発という名前のせいで、
あたかも福島県だけに被害があるかのように錯覚させられていますが、
地続きなのですからそんな筈はありません。
出来れば今後、福島県と接している地域の食品測定も進めたいと思います。   

(あべひろみ)

 

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »