アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

どくだみ

どくだみ

「お買い物プロジェクト」の中で驚愕の数値を出したものがありました。

それが「どくだみ」です。

測定を始めた段階で早くもピークが見えるほどでした。

測定開始からわずか2分30秒でこのピークの立ち方です。

そして測定結果はつぎのようになりました。
4027±41.5Bq/kg という、食品としてはありえない数字です。

以前、紅葉山公園の落ち葉を測った時でさえ、セシウム合算で1836Bq/kgでした。

厚生労働省は緑茶に関しては飲む状態にした時に飲料水と同じ基準値(10Bq/kg)であれば
流通OKとしているので、どくだみ茶もそれに準じてOKなのか?
出荷している側がそれに沿って測定して出しているのだろうけど、念の為お茶にしても測定しました。
ただ、これだけ高い数値のどくだみなので普段使用している物は使いたくありません。

という事でボウルを使用する事にしました。

どくだみから抽出するのに十分な時間をおいて測定を開始。
その結果は…。
わずかセシウム合算5.6Bq/kgという結果です。
あれだけ高い数値の葉からでも僅かこれだけしか抽出されないようです。
実際はどくだみ茶はもっと煎じて飲むようなのでもう少し高い数値になるかもしれませんが…。
しかし、どちらにしても納得がいきません。
飲む状態で飲料水と同じ基準値内に納まるとしても、元の葉は4000Bq/kgもあります。
一袋80gなのでそれだけでも320Bqもあるのです。
セシウムが絡まない他の食品の基準だったら、幼児が万が一口にするかもしれないのですから
こんなのまかり通るとは思えません。
その後、どくだみ茶は緑茶とは淹れ方が違うので、それ用の基準や測定の仕方があるのではと
検索したら厚労省が出していました。
それが【平成24年7月5 日付け食安基発0705第1号「食品中の放射性物質に係る基準値の
設定に関するQ&Aについて」】でした。
それによると、どくだみ茶は一般食品と同じ基準(100Bq/kg)と書いてあります。
下の赤枠の部分がそれについて触れている箇所です。
これに従えば、CRMS福島の測定値からの計算だと単純に80000Bq/kgまでOKとなります。
これを見て、決めました。
この「どくだみ」は県庁の環境保全農業課に連絡します。
たとえ測定して出荷しているのだとしても、これを流通させるのは納得出来ません。
さて、それでは連絡後にまた続きを書きます。
(あべひろみ)
Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »