アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

どくだみ

どくだみ顛末

4027Bq/kg検出のどくだみの報告顛末

福島県庁環境保全農業課に電話連絡
「加工品」は管轄が違うと言われる。

「食品生活衛生課」
こちらが対応するので庁内で連絡するから折り返し連絡がくるのを待ってくれと言われる。

「食品生活衛生課」の方から連絡が来る。

「加工品」は製造元を所管する保健所が対応する。
今回の場合は郡山市の保健所。
そちらの保健所に案件を流すのでそこで対応する。
それで最終的な結果を教えて下さいと念を押すと相手は意外な事を言われたような感じだったが
最終的に対応の結果をこちらに連絡してもらう事になった

流れとしては

最初は乾燥しているし厚労省の基準値の目安にしている、飲む状態で測定するという事でいけば 大丈夫という事でそれこそ「市民からの報告を受けつけました」でお茶を濁す雰囲気もあったのだが

「このどくだみの場合、葉の段階で暫定規制値の数値すら超えていて袋のどこにも葉を直接口に含まないで下さいという注意書きがないのは不味いでしょう」と話したら納得してくれたようだった。

そして現在、結果待ち。

ただ、このどくだみは2013年1月19日に購入した物で、諸事情により1ヶ月後の測定となったもの。
今回県庁の食品生活衛生課の方の話だと2ヶ月も前の物なのでそのロットを測定する事は無理だろうとの事。
それならば保健所も現ロットを測る事になるだろうからCRMS福島も改めて今日再測定。

「福島産どくだみ 賞味期限2014.11.10」を購入。
測定してみると…

Ge半導体検出器 500mlマリネリ容器 3600秒

Cs-134 256Bq/kg

Cs-137 484Bq/kg
Cs合算 740Bq/kg

同じ(有)山恵物産の商品だがロット違いで数値が5分の1弱に。
前回の4027Bq/kgも茶として抽出すれば基準値には全然到達しないレベル。
今回の740Bq/kgではなおさら。
しかし直接口に含むという観点で言えば、今回もアウトになる数値ではある。
さて、保健所の判断はどのような物になるのだろう?
しかし「茶として飲む以外は直接食べないでください」という文言が入った商品が販売されるとも思えないのでお咎めなしかなとも思う。
商品の陳列に「食べないで」の張り紙やレジで「食べないでくださいね」と一言いうとかありえなさそうだし。

だけども、これだけは言える。「タベルノ、ダメ、ゼッタイ」

【補足】
比較のため、他メーカーのどくだみも測定。 福島市飯坂のメーカー。
ほうじどくだみ 賞味期限2013.11.01

Ge半導体検出器 500mlマリネリ容器 3600秒

Cs-134 ND(<7.68Bq/kg) 

Cs-137 ND(<7.57Bq/kg) 

こちらはまったくの不検出。

製造元によって随分違うようだ。

(あべひろみ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

福島県内自治体の持ち込み検査に見るコシアブラの結果

 福島県内の自治体が受け付けている、自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の4月と5月分の結果からコシアブラを抜粋して表を作成しました【表1】…

フリマサイト等で売買される山形県産コシアブラから 食品基準値超が相次ぐ現状について

 ふくしま30年プロジェクトが2021年4月~5月にかけて、フリマサイト(メルカリ、PayPayフリマ、ラクマ)やオークションサイト(ヤフオ…

20214/4

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお礼

皆さまからゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附として、3月31日までに 52件、2,231,000円のご支援をいただきました。 今回の…

20213/16

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお願い

 ふくしま30年プロジェクトの活動は、東京電力福島第一原子力発電所の事故後、環境中に放出された放射性物質と、それにともなう健康被害の発生に対…

ジャーナリズム? 政府広報?

飯舘村長泥地区で行われることになった、覆土無し除染土壌使用による食用作物栽培実証事業。それが判明したのは、大島堅一教授の行政文書開示請求によ…

ページ上部へ戻る
Translate »