アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

お買物プロジェクト

パウダー類

今月上旬ですが、どくだみの件で県庁の食品生活衛生課に報告しましたが、1週間ほどたっても連絡はありませんでした。

店頭で品物は撤去されたのを確認していたので焦らずにそのまま待っていたのですが、またこちらから連絡をする案件が出来てしまったので再び連絡をする事にしました。
それが、「しいたけ粉」と「れんこん粉」です。

二つとも加工前の状態でCsが高めに出る傾向がありますし、乾燥させたものなので余計に数値が高くなります。

また、パウダーにした加工品は水戻しする物や茶葉と違ってその状態で100Bq/kgを超えて流通しないように規制されています。
通常、流通するような加工食品は添加物が加えられたりして100%その食材である事も稀ですし、濃縮されるというのもなかなかありません。
パウダー類はCsの基準値内に収めようとすると加工品としては非常にハードルが高いものと言えます。

正直、このメーカーはどくだみの扱いからいって他の商品についても非常に気になったので測定を進めることにしました。

上の写真にある通り、今回も70mlの容器を使用しての測定です。
NaIシンチレーターの食品測定器と違い少量でも測定が可能なので、こういう検体の時にGe半導体測定器は重宝します。
以下、しいたけ粉とれんこん粉の測定結果です。

しいたけ粉
Cs-134 36.3Bq/kg

Cs-137 79.8Bq/kg
Cs合算 116.1Bq/kg

れんこん粉
Cs-134 32.3Bq/kg

Cs-137 51.2Bq/kg
Cs合算 83.5Bq/kg

しいたけ粉は100Bq/kgを超えていますし、れんこん粉も83.5Bq/kgです。
れんこん粉は基準値を超えてはいませんが、しいたけ粉の数値からいって出荷前にちゃんと測定をしているようには思えません。
どうもこのメーカーはどくだみの件からしても、今年度からの食品の放射能の基準をちゃんと把握していないようです。
それは厚労省が出している「食品中の放射性物質に係る基準値の設定に関するQ&A について」のような細かいところまで含めてです。
その点を軽く考えている節があると思います。
商品として出荷するならば包装まで含めて色々と決りがある訳で、残念ながら放射能もその一つとなった訳です。
業者ならば、そうなった時点でこの放射能の基準もクリアしなければならないものでしょう。
例えば今年初めに農業資材を流用した為に基準値を超えた物を出荷した農家がありましたが、このメーカーもそれと同レベルで軽く考えていると思われます。
新たな基準が出来たならそれに対応しなければならず、出来なければ淘汰されます。
大型流通に乗った商品に比べ、直売所で扱う食材や地元の中小メーカーの加工品はその危機感が薄いようです。
その事を確認した事例でした。

という訳で、この件も食品生活衛生課に報告する事にして、どくだみの件の顛末もついでに聞くことにしました。
結果、郡山市の保健所に再び動いてもらうことになりました。
後日、店頭に行くと…。

棚の変更の為となって、そのメーカーのも含め競合商品が店頭から消えていました。
この写真は3月21日に撮ったのですが、今日現在まだ新しい商品は店頭に並んでいません。
パウダー類や茶関係は測定のやり直しや包装に文言を足すなどの対応をとっているのかと思います。
ここからすると、今回はメーカーもですが行政も甘かったのかと思われます。
しかし、今後は消費者の期待を裏切らないよう、頑張っていただきたいです。
(あべひろみ)
Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

ページ上部へ戻る
Translate »