アーカイブ

助成団体

ラッシュジャパン チャリティバンク

東日本大震災復興支援事業

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20131/27

食について Vol .2

マクロビオテックについて。

現在書店等で簡単マクロビレシピ的な本がたくさん並んでいる。

そして、それらのほとんどが、これを食べて体質改善!とか、これさえ食べれば大丈夫!などと書かれている。

TV番組などでも、これであなたも難病克服!などと無責任なことをやっている。

本当にそんなに簡単なのだろうか?

試した方は改善されたであろうか?

残念ながら人体はそう簡単ではないようである。

漢方の考え方を参考にすればよい。

実は漢方はあらゆる病を完全に治す事が出来る医療であるといわれている。

詳細な問診により患者の体質を正確に見積もり、症状に合わせて生薬を配合すれば必ず治癒に至るといわれている。

その問診力が問われる医療となっている。

マクロビもそうであろう。

その人々にあったメニューがそれぞれ必要である。



アメリカではガンの発症率が下がってきている。

日本ではまだまだ右肩上がり。

アメリカでガンが減ってきた大きなターニングポイントが国家をあげて調査したマクガバン報告である。

何故ガンは発症するのか、どのような食生活が望ましいのか5000ページを超える報告がなされた。

それにより食の安全が見直され、ガンが減ってきているといわれる。

日本はまだまだ遅れているということである。

しかも、経済至上主義社会において下手なことを言えば、食品業界にダメージを与えることになりかねない。

今回の原発事故に関連するあらゆることと同様に、経済が傾くくらいなら、多少の健康被害は我慢させようというきらいである。

動物性タンパクがガンの元だといわれる。

牛乳は仔牛のものであって、人間の飲むものではないそうである。

ここでその内容について議論する気は全くないので、詳細については各自興味があれば調べていただきたい。

葬られた第二のマクガバン報告

油も気をつけなければならない。

トランス脂肪酸のことなども、検索は必須である。

なんと、体に悪いものばかり食べて生きていることか!

これでは、日本の平均寿命がどんどん下がってゆくことは目に見えている。

一日も早く改善したいものである。

(あべのぶゆき)
Share Button

関連記事

告知

【告知】1月28日開催オンラインセミナー「原発災害と研究者 -チョルノブィリ原発事故(ウクライナ)の研究者が見つめた日本の原発災害-」

ロシアのウクライナ軍事侵攻により、ニュースでチョルノブィリ(チェルノブイリ)原発の名称が流れ、あらためて、かの原発がウクライナに所在すること…

202210/27

【告知】12月17日開催「東日本大震災・原子力災害伝承館/とみおかアーカイブ・ミュージアム」日帰り見学ツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2022年12月17日(土)に、「東日本大震災・原子力災害伝承館」及び「とみおかアーカイブ・ミュージア…

告知

【告知】オンラインセミナー「原発事故とジェンダー  誰が事故の被害を語ることができるのか」

下記リンク先では、地域の声を把握するためには世帯単位の「戸」ではなく、個人単位の「個」へのアンケートの必要性についての論考が述べられています…

告知

【告知】オンラインセミナー「伝承館は原発事故の教訓をどう伝えていくのか?」

原発事故の教訓を継承する施設として 事故の教訓をどう伝えていくべきか。 福島第一原発事故の教訓を後世に伝えるための展示施…

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

ページ上部へ戻る
Translate »