アーカイブ

助成団体

ラッシュジャパン チャリティバンク

東日本大震災復興支援事業

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

ユメカサゴ

基準値超、ユメカサゴ

2月27日に水揚げされたカサゴの一種ユメカサゴから福島県沖で行われている試験操業では初の100Bq/kg超のCsが検出されました。

その日水揚げされたユメカサゴ13.2kgは全て出荷を取りやめ、前日に水揚げされたユメカサゴ2.5kgも基準値を超えなかったので出荷されたそうですが念のため自主回収されたそうです。
最初、27日夜にNHK福島で報じられたときは漁協はユメカサゴを当面試験操業の枠から外す方向でいくとなっていましたし、3月1日の朝日新聞福島版でも当面出荷を自粛するとなっていました。
その後、3月4日の福島民友によると3日に開かれた関係者の会議で4日以降に日程を決める事でユメカサゴの試験操業は続行することを決めたそうです。

検出された数値に注目すると、前述の朝日新聞によれば2014年1月までの半年間でユメカサゴのCsの最大値は9Bq/kgだったということで、今回いっきに10倍以上の110Bq/kgが検出されたことになります。
予測不能な数値が出るのは農産物と違って人の手がかかっていないものだからでしょう
当測定所は福島市という内陸部にあることもあり、米をはじめとした農産物の測定が大部分だったのでそれらについては大分傾向をつかむ事ができました。
逆に、今までは魚の測定数は少なかった為に把握できていないことが多くありますので、今回のようなニュースもありますから今後は魚の測定も進めていきたいと考えています。

そして最後に国から出荷制限の指示が出ている福島県沖で漁獲された海産魚介類を表にまとめました。

データは福島県のサイトに公開されているものからです。

【国から出荷制限の指示が出ている福島県沖で漁獲された海産魚介類 】
適用月日
No
品目
No
品目
2012-06-22 01 アイナメ 02 アカシタビラメ
03 イカナゴ(稚魚を除く) 04 イシガレイ
05 ウスメバル 06 ウミタナゴ
07 エゾイソアイナメ
(ドンコ)
08 キツネメバル
09 クロウシノシタ 10 クロソイ
11 クロダイ 12 ケムシカジカ
13 コモンカスベ 14 サクラマス
15 サブロウ 16 シロメバル
17 スズキ 18 ニベ
19 ヌマガレイ 20 ババガレイ
21 ヒガンフグ 22 ヒラメ
23 ホウボウ 24 ホシガレイ
25 マアナゴ 26 マガレイ
27 マコガレイ 28 マゴチ
29 マダラ 30 ムシガレイ
31 ムラソイ 32 メイタガレイ
33 ビノスガイ 34 キタムラサキウニ
2012-07-12 35 ナガヅカ 36 マツカワ
2012-07-26 37                  ホシザメ
2012-08-23 38              ショウサイフグ
2013-02-14 39                    サヨリ
2013-08-08 40                    カサゴ

【国から摂取及び出荷制限の指示の解除がされた福島県沖で漁獲された海産魚介類 】
解除月日
品目
備考
2012-06-22 イカナゴの稚魚
(コウナゴ)
2011年4月20日付けで摂取及び出荷制限指示があった
2013-10-09 アカガレイ 2012年6月22日付けで出荷制限指示があった
2013-12-17 スケトウダラ 2012年6月22日付けで出荷制限指示があった
(あべひろみ)
Share Button

関連記事

告知

【告知】1月28日開催オンラインセミナー「原発災害と研究者 -チョルノブィリ原発事故(ウクライナ)の研究者が見つめた日本の原発災害-」

ロシアのウクライナ軍事侵攻により、ニュースでチョルノブィリ(チェルノブイリ)原発の名称が流れ、あらためて、かの原発がウクライナに所在すること…

202210/27

【告知】12月17日開催「東日本大震災・原子力災害伝承館/とみおかアーカイブ・ミュージアム」日帰り見学ツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2022年12月17日(土)に、「東日本大震災・原子力災害伝承館」及び「とみおかアーカイブ・ミュージア…

告知

【告知】オンラインセミナー「原発事故とジェンダー  誰が事故の被害を語ることができるのか」

下記リンク先では、地域の声を把握するためには世帯単位の「戸」ではなく、個人単位の「個」へのアンケートの必要性についての論考が述べられています…

告知

【告知】オンラインセミナー「伝承館は原発事故の教訓をどう伝えていくのか?」

原発事故の教訓を継承する施設として 事故の教訓をどう伝えていくべきか。 福島第一原発事故の教訓を後世に伝えるための展示施…

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

ページ上部へ戻る
Translate »