アーカイブ

助成団体

ラッシュジャパン チャリティバンク

東日本大震災復興支援事業

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20132/2

食について Vol .3

前回、K先生について書いたところ、いろいろとコメントをいただきましたので、お話しします。

結論から申し上げて、K先生ご自身は、本は出されておりません。

さまざまな雑誌やフリーペーパー、地方紙等にコラムは書かれていますが、本は出版されていません。

その代りと言っては大変失礼ですが、K先生のお師匠様が本を書かれています。

『伊沢凡人』先生という方です。

もちろん、ペンネームです。

検索してみてください。



というわけで、なかなかK先生のお話を聞く事は難しいと思われますので、ざっと私が習った基本を書いておきます。

まず先生のお宅にお邪魔して最初に教えて頂く事は『人間は酵素系生物である』というお話です。

10,000種以上のタンパクと10,000種以上の酵素から出来ているといわれます。

そしてタンパク質はアミノ酸の組み合わせで出来ています。

そのうち、必須アミノ酸が18種。

3種類以上の組み合わせまで考えれば、タンパク質は無限にあると先生は仰います。

そして『酵素はビタミンとミネラルを動かすために必要なもの』と仰っています。

ミネラルは元素であり、72種類の元素+水素+炭素+窒素+酸素、合計76種であるそうです。

これが基本だそうです。

つまり、食を考えるとき、人を作っている物を摂らなければ病気になるのは当たり前だということです。

そして、みなさんが誤解している事は『薬が病気を治すという考え方』だそうです。

薬が病気を治している訳ではない。

身体が病気を治しているのだと先生は仰っています。

病気を治療する学問が医療だとすると、元気に健康で生活するための学問はなにか?と問われます。

それが、無いのだと。

そのために先生は井沢先生の志を継いで研究なさっているようです。

あまり詳しく話すと、先生がどなたかバレてしまってご迷惑をお掛けしかねないので、残念ながらそこそこしか話せませんが、オリンピック選手の食などもご指導されています。

オリンピック食こそ、糖尿病の方が摂るべき食事だそうです。

急激に血糖値を上げない食事が大切だそうです。

よく、ダイエットで『太るからご飯は食べない』などと言いますが、大きな間違い。

米はゆっくりと血糖値を上げるので、腹もちがよく、ダイエットするならむしろ食べるべきだそうです。

諸悪の根源はすべて『酸化した悪い油。』

菓子パンなどもよくないそうです。

間違った食生活により自ら『生活毒』を体内で作り出しています。

高血圧、腎臓病、動脈硬化は生活毒によるものです。



狂牛病は銅不足とマンガン過多からくる神経障害。

本来、草食動物である牛に何を食べさせているかご存じでしょうか?

まともに育つはずのない牛の肉が、たくさん出回っているのです。

ひょんなことから、セシウム排泄の勉強をしていたら、これほどひどいものをずっと食べ続けてきたのかと、驚愕しました。

放射能も以ての外ですが、それ以外にも山ほど食べるべきでないものがあり、なぜそんなものを食わされているのかといえば『経済のため』なのです。

冗談ではありません!

断固として拒否です!

賢く生きようではありませんか!

(あべのぶゆき)
Share Button

関連記事

告知

【告知】1月28日開催オンラインセミナー「原発災害と研究者 -チョルノブィリ原発事故(ウクライナ)の研究者が見つめた日本の原発災害-」

ロシアのウクライナ軍事侵攻により、ニュースでチョルノブィリ(チェルノブイリ)原発の名称が流れ、あらためて、かの原発がウクライナに所在すること…

202210/27

【告知】12月17日開催「東日本大震災・原子力災害伝承館/とみおかアーカイブ・ミュージアム」日帰り見学ツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2022年12月17日(土)に、「東日本大震災・原子力災害伝承館」及び「とみおかアーカイブ・ミュージア…

告知

【告知】オンラインセミナー「原発事故とジェンダー  誰が事故の被害を語ることができるのか」

下記リンク先では、地域の声を把握するためには世帯単位の「戸」ではなく、個人単位の「個」へのアンケートの必要性についての論考が述べられています…

告知

【告知】オンラインセミナー「伝承館は原発事故の教訓をどう伝えていくのか?」

原発事故の教訓を継承する施設として 事故の教訓をどう伝えていくべきか。 福島第一原発事故の教訓を後世に伝えるための展示施…

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

ページ上部へ戻る
Translate »