アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

桃

20138/24

2013年度産の桃 続報

以前2013年度産の桃 としてまとめた時は4検体だった今年度産の桃の測定も、8検体と増えましたので表に追加しました。
【H25年度産桃】
品種 産地 Cs-134 Cs-137 Cs合算 測定機器
桃 (あかつき) 伊達郡桑折町 0.85±0.15Bq/kg 1.66±0.19Bq/kg 2.51±0.24Bq/kg HpGe
桃  伊達郡桑折町 0.43±0.11Bq/kg 1.43±0.15Bq/kg 1.86±0.19Bq/kg HpGe
桃 (あかつき) 皮付き 福島市荒井 ND (<0.10Bq/kg) 0.13±0.04Bq/kg 0.13±0.04Bq/kg HpGe
桃  福島市飯坂町湯野 0.53±0.18Bq/kg 1.39±0.23Bq/kg 1.92±0.29Bq/kg HpGe
桃 皮付き 福島市泉流通品 1.20±0.25Bq/kg 2.00±0.31Bq/kg 3.20±0.40Bq/kg HpGe
福島市大笹生 0.26±0.05Bq/kg 0.47±0.06Bq/kg 0.73±0.08Bq/kg HpGe
桃 (あかつき) 皮・種有り 福島市笹谷 0.90±0.19Bq/kg 2.21±0.24Bq/kg 3.31±0.31Bq/kg HpGe
桃 (あかつき) 皮付き 福島市町庭坂 0.50±0.11Bq/kg 1.22±0.16Bq/kg 1.72±0.19Bq/kg HpGe
前回、福島市大笹生産の桃がCs合算で0.73Bq/kgと1Bq/kgを下回ったので驚いたのですが、今回それを上回る低い数値の桃がありました。
福島市荒井産の桃がCs-137のみ検出で0.13Bq/kg(*)です。
*これはCs-134がまったく無いわけではなく、スペクトルを確認するとピークは見えています。
しかし、お米測定プロジェクトも含め検出した数値のみを見てまとめていますので、今回も福島市荒井産の桃はCs-137のみ片側検出の数値で進めます。
当測定所が測定した中で、桃を含めた県北の果樹の中で最も低い数値です。
これは「道の駅 つちゆ」で購入したのですが、正直ここまで低いとは思ってもみませんでした。
「道の駅 つちゆ」には115号線沿線のお店が出店して販売しているようですが、福島市荒井近辺の他の桃もここまで低いのでしょうか?
引き続き、福島市荒井産の桃を追いかけてみようと考えています。
そして、ここまで今年度産の桃を測定してきましたが、Cs合算で5Bq/kgを超えるものはまだありません。
(県の測定 ではいくつかあるようです。)
昨年度から引き続き測定をしている農家の方の桃も半分以下に下がってきていますので、来年もこの傾向が続くのか、それとも一旦落ち着くのか、見守っていきたいと思います。
それと、今年度産「桃の恵み」はまだ出荷されていないようです。
賞味期限2014年08月02日の物を測定しましたが、数値が前回測定した2012年度産「桃の恵み」と同じでした。
2013年度産は9月になってから出回るのかもしれません。
(あべひろみ)
Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »