アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20155/25

「荻上チキ・Session-22」 5月21日

5月21日放送のTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」は「崎山敏也記者の原発ニュース・スペシャル!」として、非常に面白い番組になっていました。

テーマとしては

 伊方原発は事実上の審査合格
 一方、志賀原発は再稼働が極めて困難に
 政府の電源構成はどうなるのか

ということで、規制委員会の話から始まって、『アリス館志賀』のパンフレットの話まで飽きません。
崎山記者曰く、「アリス館滋賀では、原子力について色々と不思議の国のアリスのキャラが解説をしてくれるのだが、今一番ホットな活断層については教えてくれない」と言っていたのが笑えました。
他に印象的だったのは、崎山記者の「原発は願望の歴史、その願望は裏切られていく歴史。また、無駄な事を繰り返すのか」という言葉です。

とにかく、日々の細切れの情報だと矛盾点に気付きませんが、こうやって一つになって解説されると、無茶苦茶なことが起こっている事がわかりますので必聴です。

(あべひろみ)

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »