アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

放射能測定

屋外に長期間置いた物

最近報道された切り干し大根の件でスタッフから「濡らして外干ししたタオルを測定してみたい」
という声が上がりました。
手短に物干しにぶら下がっている雑巾が目に入りましたので、参考として測ってみる事にしました。

洗車に使いながら二ヶ月以上物干しに野ざらしにしていた雑巾です。
雑巾をかけていた物干し竿の高さは地上から1.4mくらいでしょうか。
バケツで手もみですすいだくらいで、洗濯機にはかけていません。
Ge半導体検出器が空いていましたので10800秒(3時間)測定でセット、スタートさせると
Cs-137とCs-134の領域でピークが見えてきました。
「おぉ!!」 思わず声が漏れました。
実際、洗車に使った雑巾ですから汚れが染みついている部分もあります。
予想の範囲内ではありますが、普段気にしていない物でピークが見えると
空間線量計で測って実感するのとは別に身の周りには汚染があるのだと分かります。
しかし、こんなに数値が高そうならNaIシンチレーターでよかったかもしれません。

そして、Ge半導体検出器で10800秒(3時間)測定した結果、

Cs-134 107±3.24Bq/kg
Cs-137 176±4.35Bq/kg

合算で283Bq/kgと予想以上に高い結果が出ました。
洗車に使った為の汚れと長期間、外で雨風に晒された相乗効果でしょうか?
次に「濡らして外干ししたタオル」を測る時は真っ新な状態から試して比較してみたいです。
(あべひろみ)

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »