アーカイブ

助成団体

ラッシュジャパン チャリティバンク

東日本大震災復興支援事業

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

20175/4

【告知】東日本大震災支援 土田英順チャリティチェロコンサート


東日本大震災支援
土田英順 チャリティチェロコンサート

日時:6月19日(月) 開演18:00 (開場17:40)
会場:A・O・Z アオウゼ多目的ホール (福島市曽根田町1-18 MAXふくしま 4F)
入場料:500円

◆ダイユーエイトMAX 福島店駐車場について

最初の二時間無料
以後、30分につき120円
1日最大700円

電車でのアクセス(最寄駅)
福島交通飯坂線 曽根田駅 約109m 徒歩で約3分
JR福島駅 約609m 徒歩で約9分

 札幌在住のチェリスト土田英順さんは、6年前の東日本大震災を機に北海道内でのチャリティコンサートを開始しました。その後、自ら『東日本大震災支援 じいたん子ども基金』を立ち上げ、満80歳という年齢にもかかわらず、北海道から和歌山県まで全国を回ってチャリティコンサートを行なっています。そして、その基金に集まったお金を使い、津波や原発事故の被災を受けた岩手、宮城、福島で活動をしている団体へと支援してくださっています。
 現在、震災から6年が経過したことにより、多くの人が被災地への関心を失い、風化が進んでいると言われます。しかし、こうやって土田さんが福島へ訪れ、チェロの音を奏でてくださるとき、全国の方々の善意が、いまだ傷が癒えぬ被災地へと届けられていることを感じます。
 今回で三回目となる、土田さんの福島市でのチャリティコンサートにご参加いただき、その音色に、遠くから福島を見守っていてくれる人たちがいることを感じていただければと思います。

2017年05月05日追加


土田英順(つちだえいじゅん)プロフィール

日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン響およびボストン・ポップスでも演奏。現在は、ソリストとして活躍し、年間何本ものコンサートスケジュールをこなす。被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主の友人達の思いによって、ボロボロになったチェロを譲り受け、見事に蘇らせた。チェロの音色が天国まで届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
全国各地で「東日本大震災チャリティコンサート」を開催。2012年12月、自ら「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」を開設。基金は被災地の子供達のために使われる。
(北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金代表 土田英順)
ブログ:「土田英順のボストンバックにチェロと酒」
http://blog.hokkaido-np.co.jp/enjoy-cello/

 
《申し込み》
お申込みは電話(024-573-5697)か、下記申し込みフォームよりお願いします。

【申し込み専用フォーム】
https://fukushima-30year-project.org/?page_id=2437


しんきん絆ロゴ-横

この事業は、「東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】1月28日開催オンラインセミナー「原発災害と研究者 -チョルノブィリ原発事故(ウクライナ)の研究者が見つめた日本の原発災害-」

ロシアのウクライナ軍事侵攻により、ニュースでチョルノブィリ(チェルノブイリ)原発の名称が流れ、あらためて、かの原発がウクライナに所在すること…

202210/27

【告知】12月17日開催「東日本大震災・原子力災害伝承館/とみおかアーカイブ・ミュージアム」日帰り見学ツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2022年12月17日(土)に、「東日本大震災・原子力災害伝承館」及び「とみおかアーカイブ・ミュージア…

告知

【告知】オンラインセミナー「原発事故とジェンダー  誰が事故の被害を語ることができるのか」

下記リンク先では、地域の声を把握するためには世帯単位の「戸」ではなく、個人単位の「個」へのアンケートの必要性についての論考が述べられています…

告知

【告知】オンラインセミナー「伝承館は原発事故の教訓をどう伝えていくのか?」

原発事故の教訓を継承する施設として 事故の教訓をどう伝えていくべきか。 福島第一原発事故の教訓を後世に伝えるための展示施…

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

ページ上部へ戻る
Translate »