アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

20175/4

【告知】東日本大震災支援 土田英順チャリティチェロコンサート


東日本大震災支援
土田英順 チャリティチェロコンサート

日時:6月19日(月) 開演18:00 (開場17:40)
会場:A・O・Z アオウゼ多目的ホール (福島市曽根田町1-18 MAXふくしま 4F)
入場料:500円

◆ダイユーエイトMAX 福島店駐車場について

最初の二時間無料
以後、30分につき120円
1日最大700円

電車でのアクセス(最寄駅)
福島交通飯坂線 曽根田駅 約109m 徒歩で約3分
JR福島駅 約609m 徒歩で約9分

 札幌在住のチェリスト土田英順さんは、6年前の東日本大震災を機に北海道内でのチャリティコンサートを開始しました。その後、自ら『東日本大震災支援 じいたん子ども基金』を立ち上げ、満80歳という年齢にもかかわらず、北海道から和歌山県まで全国を回ってチャリティコンサートを行なっています。そして、その基金に集まったお金を使い、津波や原発事故の被災を受けた岩手、宮城、福島で活動をしている団体へと支援してくださっています。
 現在、震災から6年が経過したことにより、多くの人が被災地への関心を失い、風化が進んでいると言われます。しかし、こうやって土田さんが福島へ訪れ、チェロの音を奏でてくださるとき、全国の方々の善意が、いまだ傷が癒えぬ被災地へと届けられていることを感じます。
 今回で三回目となる、土田さんの福島市でのチャリティコンサートにご参加いただき、その音色に、遠くから福島を見守っていてくれる人たちがいることを感じていただければと思います。

2017年05月05日追加


土田英順(つちだえいじゅん)プロフィール

日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン響およびボストン・ポップスでも演奏。現在は、ソリストとして活躍し、年間何本ものコンサートスケジュールをこなす。被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主の友人達の思いによって、ボロボロになったチェロを譲り受け、見事に蘇らせた。チェロの音色が天国まで届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
全国各地で「東日本大震災チャリティコンサート」を開催。2012年12月、自ら「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」を開設。基金は被災地の子供達のために使われる。
(北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金代表 土田英順)
ブログ:「土田英順のボストンバックにチェロと酒」
http://blog.hokkaido-np.co.jp/enjoy-cello/

 
《申し込み》
お申込みは電話(024-573-5697)か、下記申し込みフォームよりお願いします。

【申し込み専用フォーム】
https://fukushima-30year-project.org/?page_id=2437


しんきん絆ロゴ-横

この事業は、「東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

20195/14

【告知】市民講座 市村高志さん講演会『復興2019 -誰のための「復興」?-』

帰還を急くような国の復興政策。それは、誰のための復興なのか? 東京オリンピックが開催され復興庁が無くなる2020年に向け、今春…

告知

【告知】市民講座 チュルノブイリ甲状腺専門医講演会 「25万件の検診をしてきた医師の話」in 福島

今から33年前の1986年4月26日、ベラルーシとの国境付近にあるチェルノブイリ原子力発電所(ウクライナ)で原子力開発史上最悪の事故…

告知

20194/6

【告知】おしどりマコ・ケンと『放射能測定マップ+読み解き集』を知ろう! in 福島市

ついに発行部数1万6千部となったマップ集ですが、福島県内でいまいち知られていないのが実情です。 それを知ったマコ・ケンさんが、…

告知

20193/24

【告知】後藤忍准教授講演会 震災の記憶を未来へ – 記憶を記録とするために –

「図説 17都県放射能測定マップ+読み解き集」発刊イベントとして、チェルノブイリと日本のアーカイブ施設の違いについて、後藤忍准教授(福島大学…

告知

20192/11

【告知】しんちゃんに聞こう!「いまさらきけない」ホウシャノウのはなし

「NHKラジオこども科学電話相談室」でおなじみの「シンちゃん」は、福島のガッコウで、3.11から8年間、子どもたちにホウシャノウのことをわか…

ページ上部へ戻る
Translate »