アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

ホールボディカウンタ(WBC)

201211/12

WBC再測定について

昨年の11月はCRMSにWBCの申込みが殺到し、スタッフ一同この事態をどうしたらよいかと
四苦八苦していました。
今年度に入り近隣市町村ではWBCが実施されており、検出限界以下との測定結果に安堵した方も
多いことかと思います。
それを反映するかのように、CRMSのWBCの申し込みも落ち着きをみせています。
WBC は、測定時に体内にセシウムがどのくらいあるかをみています。

さて、皆さんは再測定の目安を知ってますか?

検出限界以下の方:6ヶ月~1年
検出された方:1~3ヶ月

このように、CRMS では考えています。
定期的に測定し生活を見直していくことが大切です。

現在も小学生~19歳までの方、妊娠されている方は無料で測定しています。

また、この無料測定が継続出来るのは、20歳以上の方の測定料やカンパ、全国の皆さんからの支援金や
助成金によります。皆さまのご支援に感謝し、活動を継続しております。
(やまきみゆき)

↓WBCの申し込みは下記リンクを参照してください。
WBC測定申し込み

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »