アーカイブ

助成団体

ラッシュジャパン チャリティバンク

東日本大震災復興支援事業

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

ホットスポットファインダー測定

NPO法人ふくしま30年プロジェクトの空間放射線量率測定事業として保育園や幼稚園の散歩コース、小、中学生の通学路などの空間放射線量測定をホットスポットファインダーを使用して行っています。ホットスポットファインダーとは、GPS機能との連動型の空間線量率自動記録システムです。持ち歩いて計測するだけで現在地の空間線量と位置情報を記録し、Googleマップにプロットすることによって空間線量の視覚化ができます。 【図 01】

【図01】

 

測定例

こちらが測定データをGoogleマップにプロットした測定例になります。このように測定器が移動した地点に沿って測定値が表示されます。 【図 02】

【図02】

 

目的

子どもたちの身近な暮らしの範囲の空間線量を、保育園・幼稚園・学校・保護者グループとともに測定し、ホットスポットの確認、クールスポットを探すことにより子どもたちが無用の被曝を避けられるようにすることを目的としています。身近な活動環境を測定し、地図化した結果を見ることでわかりやすく測定結果を示すことができます。

 

特徴

検出器を3個使用して、地上から10cm・50cm・100cmを同時に測定します。100cmは空間線量を測定する時の標準の高さになります。しかし、それは大人の身長に合わせた基準なので、それに加え、子どもの身長に合わせた高さ50cm、そして地面直近の10cmと3点同時測定をしています。【図 03】

【図03】


*NPO法人シャローム災害支援センターとの協働事業は2014年当時のものとなります。
 

測定中の画面

 

測定風景

測定中の風景です。ベビーカーに測定器を二つ設置し、残り一つは測定員にセットします。
【図 04】 【図05】

【図04】

【図05】


*2014年当時の検出器設置の仕方です。2015年以降の検出器設置についてはこちらで説明しています。

 

対策例

測定の結果、屋根の軒下がホットスポットであることが分かりましたので、コーンとロープで児童が近づかないように対策を講じました。【図 06】

【図06】


測定は、定期的かつ継続して行い、基礎データとして蓄積できます。放射線量の変化を知ることで長期的な放射能低減対策に生かすこともでき、子どもの外遊びなどの生活環境改善に寄与することができます。



 
ホットスポットファインダーの購入には、「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」の支援を受けました。
 


 


Share Button
告知

【告知】オンラインセミナー「原発事故とジェンダー  誰が事故の被害を語ることができるのか」

下記リンク先では、地域の声を把握するためには世帯単位の「戸」ではなく、個人単位の「個」へのアンケートの必要性についての論考が述べられています…

告知

【告知】オンラインセミナー「伝承館は原発事故の教訓をどう伝えていくのか?」

原発事故の教訓を継承する施設として 事故の教訓をどう伝えていくべきか。 福島第一原発事故の教訓を後世に伝えるための展示施…

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

アーカイヴサイト「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいたいと考えWEB化しました。 https:…

告知

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

ページ上部へ戻る
Translate »