アーカイブ

助成団体

ふくしま未来基金
ふくしま未来基金

東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援事業」の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
株式会社カタログハウス

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

20173/20

【告知】木村真三氏 勉強会「放射線教育」

次年度から福島県は7つの小中学校をモデル校に指定し、総合的な学習の時間などを活用して放射線についての授業を多く行なうという報道がありました。
それ自体は歓迎すべきことですし、報じられている授業内容も、自ら考えて、調べるということで結構なことなのですが、ひっかかる点があります。
この授業のきっかけが、昨今問題になっている避難者のいじめや差別から始まっているという点です。
これは、福島県内は生活するのに問題がないのに、県外の人が放射能を理解していないために、いじめが起こるという立ち位置から始まっています。
「放射能」についての知識があればいじめがなくなるのであれば、知識のある人が、避難者や県内で気をつけて生活している人を、「放射脳」と言ってバカにすることはないはずです。
また、いじめでは「菌」と呼ばれることが多いのですが、一般に理解されているであろう「菌」という概念が、いじめの常套句となっていることは、理解すること、イコールいじめの解消にはならないのではないでしょうか。
このような国や県の対応が行なわれるなか、二本松市で放射線教育を実践してきた木村真三さんに、子どもたちに教えていくべきはどのようなことなのか、語っていただきます。


講演:木村真三 氏

(獨協医科大学国際疫学研究室室長・福島分室室長 准教授)

日時:4月2日(日) 13:30~

場所:サンライフ福島 大研修室
(福島県福島市北矢野目檀ノ腰 6 − 16)

参加費:無料

 

《主催・問い合わせ》
NPO法人ふくしま30年プロジェクト
お申込みは電話(024-573-5697)か、下記フォームよりお願いします。

【申し込み専用メールフォーム】
http://fukushima-30year-project.org/?page_id=7862/


しんきん絆ロゴ-横

この事業は、「東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

帰還困難区域の火災

 帰還困難区域である、浪江町井出地区の十万山で発生した山林火災は、4月29日夕方から5月10日までの12日間の消火活動を要して、ようやく鎮火…

雑記

『あっちの方』

 4月25日の夕方、共同通信の配信記事で『震災「東北だったから良かった」 復興相が発言』が流れました。今村雅弘前復興大臣が、自民党二階派のパ…

雑記

「本人の責任でしょう。本人の判断でしょう」

 4月4日から26日にかけて、復興大臣の発言によって、被災地を始め、避難者が居住する各地に波紋が広がりました。以下の文章は、その渦中の4月1…

放射能測定

4年半後の紅葉山公園

[caption id="attachment_8207" align="alignleft" width="960"] 紅葉山公園内の遊歩…

告知

20175/11

【告知】 山形県大江町やまさぁーべ田植えキャンプ

ページ上部へ戻る
Translate »