アーカイブ

助成団体

ふくしま未来基金
ふくしま未来基金

東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援事業」の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
株式会社カタログハウス

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

ふくしまくらす交流会

ふくしまくらす交流会報告 《保養について考える》をテーマにして

 今回の交流会には、山梨じゃんじゃんキャンプのスタッフの皆さんをゲストにお呼びしました。 以前より、保養受け入れ団体の皆様から『福島からの、保養参加者の声が聞きたい。今後も保養の企画を続けていく上で、参加する方々と一緒に考えていきたい。』 という言葉をお聞きする事が多くありました。そこで、今回の交流会は、保養受け入れ団体の皆様と、福島から保養に参加する機会の多いお母さん達との、語り合いの場として開催しました。
写真 (26)-①
 交流会は、お仕事帰りの時間帯から始まり、野菜を中心とした“げんき菜農園”の身体に優しいお食事をいただきながら、「今の福島での保養の必要性」「参加者は保養に何を求めているのか」「どのような内容にしたいか」といった話題で、おおいに盛り上がりました。

 今回の参加者は、大人11名、小人15名、山梨からのゲスト4名。合わせて30名での会でした。保養の必要性を改めて実感するとともに、福島の参加者も共に、保養内容を作っていく事の大切さを感じました。幣法人は今後も、交流会で出された要望に寄り添いながら、受け入れ団体と参加者の間に入り、繋げる活動に力を入れていきます。
                                               (さはら まき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食品測定

【 2017年07月 】食品・環境測定結果

NPO法人 ふくしま30年プロジェクトで測定した結果については、「みんなのデータサイト」でも公開しております。 「みんなのデータサイト…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会 発酵ワークショップ Vol.05 漬物名人高橋トク子さん直伝の技をお教えします~夏野菜のお漬物で発酵パワー~

夏バテで食欲がなくなる方も多い、この季節。 高橋トク子さん直伝のレシピで、キムチ漬けの基本となるベースの作り方をお教えします!このベースさ…

放射能測定

【 2017年07月 】空間線量の測定結果

空間線量は地上から1mの位置でγ線を測定した数値を掲載しています。 [table id=132 /]…

告知

20177/14

【告知】木村真三氏 勉強会「甲状腺癌」

木村真三氏(獨協医科大学准教授)を招いての勉強会の開催します。 http://busget.fukushima-koutu.co.jp…

雑記

20177/10

環境創造? コミュタン福島

 2016年2月から3月にかけて、福島県立博物館(会津若松市)で、特集展『震災遺産を考える―ガレキから我歴へ』が開催されました。この…

ページ上部へ戻る
Translate »