アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

ホールボディカウンタ(WBC)測定申し込み

・WBC(ホールボディカウンタ)は、測定時点における体内に残留している放射能を測定します。
・内部被曝量を測定するものではありません。
・放射線のうち、ガンマ線を測定しています。アルファ線、ベータ線は検出できません。
・放射能の単位は、Bq(ベクレル)と言います。1秒間に放射性核種が放射線を出して、
より安定的な元素に変わる数を表します。


WBC(ホールボディカウンタ)
AT1316 NaI(Tl)

wbc_2015-0518-01
wbc_2015-0518-03
wbc_2015-0518-02

ホールボディカウンタの測定申込について

随時受け付けをしております。

11:00~13:00、14:00~18:00の時間にお電話でお申し込みください。
お申し込み電話番号 : 024-573-5697
又はメールにてお申し込み下さい。
MAIL: info@fukushima-30year-project.org

その場合、以下の3項目についてご記入下さい。
・測定を受ける全員の名前と年齢
・ご希望の日時(第二希望までご記入お願いします)
・代表の方のお名前と連絡がつきやすい電話番号


1. 測定を受けられる年齢が小学生以上となります。
(なお、小学生以上であっても身長80cm、体重10kg未満のお子様は測定出来ません。)
測定時間は10分間。
10分間椅子に動かずに座っていられないお子様については測定が不可能な為、お断りする場合がございますのでご了承ください。

2. 測定の流れ: 表面汚染のスクリーニング、身長体重を測定したのち、測定着に着替え10分間の測定となります。

3. アンケートをお願いしております。
測定とともにアンケートのご協力をお願いしております。
測定データ(大字までの住所、年齢、性別、測定値、測定日)とアンケートの内容は公益性を考慮し、
提携する専門家の調査、データの評価などを踏まえ、個人名を伏せた形で公表する場合がございます。
詳細は下記リンク先よりダウンロードした個人情報保護方針をご覧ください。
測定日当日に円滑に測定を進める為に生活記録アンケート(一人一枚)と個人情報取り扱い同意書(ご家族で一枚)にご記入してお持ち下さい。

生活記録+個人情報保護同意書.pdf

↓生活記録の文字を上記のものより大きくした用紙です。
生活記録(文字大)+個人情報保護同意書.pdf

4. 料金については、福島県内の20歳未満・妊婦の方の測定は原則無料としております。
寄付金や助成金で運営可能な限り、20歳未満・妊婦の方は無料で測定を続けたいと考えております。
ご協力のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。
20歳以上の方につきましては、測定料金として一人3000円をご負担ください。
また、20歳以上で再測定時に前回の測定結果の用紙をお持ちいただいた方は測定料金を1500円といたします。



WBCの測定運営には武田薬品工業株式会社と認定特定非営利活動法人 日本NPOセンターが行う「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」の支援を受けました。


Share Button
告知

201811/29

【告知】赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018

3.11 < 以後 > へのまなざし 福島市民が撮りつづける < 日常のなかの非日常 > 「いかに世のメディアが、復興に…

告知

201811/20

【告知】清水奈名子准教授勉強会『原発事故災害とジェンダー格差』

「原発事故について自由に話せない」という閉塞感 原発事故をめぐって、女性たちが感じた抑圧の強さと、意思決定過程における男女格差。未曾有…

告知

【告知】第4回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後 ~今~ これからを共に生きる人たちへ  12月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第4回「福島の現状を知り、…

告知

201810/25

【告知】後藤忍准教授勉強会『記録と記憶 – コミュタン福島と震災遺構 -』

「福島第一原発事故と放射線に関する公的な教材と展示施設の役割とは?」 福島県内では、モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会「お母さんが名医になる方法 -子どもたちのより良い成長のために、日々できること-」Part2

7月16日に、山田真先生の講演会を中心にして開催した交流会の第二弾となります。前回、好評を博したアレルギーの話など、日々お母さん方が疑問に思…

ページ上部へ戻る
Translate »