アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

フリマサイト等で売買される山形県産コシアブラから 食品基準値超が相次ぐ現状について

 ふくしま30年プロジェクトが2021年4月~5月にかけて、フリマサイト(メルカリ、PayPayフリマ、ラクマ)やオークションサイト(ヤフオク!)、ネットショップで購入したコシアブラを75件測定したところ、28パーセントにあたる21件が食品基準値(1キログラムあたり100ベクレル)を超えるという結果になりました【表1】【図1】。
 

【表1】2021年度 フリマサイト等で購入したコシアブラ

 採 取 地 
測定件数
基準値超件数
基準値超割合(%)
中央値(Bq/kg)
最高値(Bq/kg)
青 森 県
2
0
0
岩 手 県
4
2
50
86.5
186
宮 城 県
6
4
67
139
285
秋 田 県
4
0
0
36.1
63.0
山 形 県
24
7
29
74.8
179
福 島 県
2
1
50
242
463
茨 城 県
4
2
50
112
224
栃 木 県
2
1
50
201
385
群 馬 県
1
1
100
271
271
新 潟 県
7
0
0
4.96
22.9
長 野 県
16
3
19
31.8
238
富 山 県
1
0
0
岐 阜 県
1
0
0
2.06
2.06
鳥 取 県
1
0
0
1.89
1.89
ま と め
75
21
28
38.5
463

chart created with amCharts | amCharts

 

 測定件数が多い山形県と長野県は、そのままフリマサイト等への出品数が多いことを反映しているからです。ただし、山形県については長野県と決定的に違う点があります。長野県では6自治体にコシアブラの出荷制限要請が出ていますが、山形県では出荷自粛要請が最上町に出ているのみです。それ以外の自治体には、出荷についての規制が一切出ていないのです【図2】。この規制の緩さが、山形県からの出品数の多さにつながっているのではないでしょうか。
 

【図2】「林野庁 きのこや山菜の出荷制限等の状況(長野県) 山菜 こしあぶら」より

「林野庁 きのこや山菜の出荷制限等の状況(山形県) 山菜 こしあぶら」より


 前述したように山形県では最上町にコシアブラの出荷自粛要請が出ており、県も毎年の調査を行っています。しかし、県の調査で食品基準値を超える例がないことから、最上町以外に出荷自粛及び出荷制限要請が出ていないというのが実情です。現実にはフリマサイト等で食品基準値超のコシアブラが売買されているが、県の調査で食品基準値超がないために野放し状態となっています。
 あえて野放し状態と表現するのは、食品基準値を超えるコシアブラは現実に存在するのに、県が確認しないことには、公的に食品基準値超があることにはならないからです。そして、県や自治体ではコシアブラ等の山菜について、自主的な放射能測定をしてから出荷をしてほしいと告知していますが、出荷制限要請が出ていない状態での告知にどれだけの説得力があるのかは疑問です。福島第一原発事故後、山形県内のコシアブラについての規制は、矛盾を抱えたうえにこのような不可解な状態で現在に至っています。

 ふくしま30年プロジェクトがフリマサイト等で、食品基準値超の山形県産コシアブラを発見したのは2020年からでしたが、1年経った2021年においても多数の食品基準値超コシアブラを発見しました【図3】。2020年も福島市保健所を通じて山形県へ情報は行っていますが、調査及び検査体制は変わっていないように見えます。このままでは、ネット上で基準値超のコシアブラの流通を抑制することはできないのではないでしょうか。
 そして、流通しないまでも、人々がそれらを可食していることは容易に想像できます。この状態を改善するためにも、行政に通報する以外に社会に対して情報発信し、訴えていく必要があります。引き続き、調査とその結果の共有を行っていきますので、よろしくお願いします。
 

【図3】2021年度フリマサイト等で購入の山形県産コシアブラ放射能測定結果分布
N=24


 

N=24


 
フリマサイト等のネット通販で購入した山形県産コシアブラ測定結果(みんなのデータサイト) [外部サイト]

あべひろみ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

福島県内自治体の持ち込み検査に見るコシアブラの結果

 福島県内の自治体が受け付けている、自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の4月と5月分の結果からコシアブラを抜粋して表を作成しました【表1】…

20214/4

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお礼

皆さまからゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附として、3月31日までに 52件、2,231,000円のご支援をいただきました。 今回の…

20213/16

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお願い

 ふくしま30年プロジェクトの活動は、東京電力福島第一原子力発電所の事故後、環境中に放出された放射性物質と、それにともなう健康被害の発生に対…

ジャーナリズム? 政府広報?

飯舘村長泥地区で行われることになった、覆土無し除染土壌使用による食用作物栽培実証事業。それが判明したのは、大島堅一教授の行政文書開示請求によ…

『省令改正「時期尚早」指摘相次ぎ見送り?』 しかし…

8月7日~9日にかけて、福島県内の新聞、テレビのニュースでは、飯舘村長泥地区で除染土を覆わずに野菜の栽培の実証実験が行われていることが報じら…

ページ上部へ戻る
Translate »