アーカイブ

助成団体

ふくしま未来基金
ふくしま未来基金

東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援事業」の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
株式会社カタログハウス

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

20175/4

【告知】小山良太氏 勉強会「風評被害」

講演:小山良太 氏

(福島大学 経済経営学類 教授)

日時:5月27日(土) 13:30~

場所:アオウゼ 大活動室3
(福島県福島市曽根田町1番18号 MAXふくしま 4F)

参加費:無料

◆ダイユーエイトMAX 福島店駐車場について

最初の二時間無料
以後、30分につき120円
1日最大700円

電車でのアクセス(最寄駅)
福島交通飯坂線 曽根田駅 約109m 徒歩で約3分
JR福島駅 約609m 徒歩で約9分

 国や福島県からは、変わらず「風評被害」という言葉が発信されています。しかし、それは農産物にもっとも放射性セシウムが移行した2011 年秋に、自らが安易な安全宣言を出したために消費者に生産者への信頼を失わせた結果です。そして、行政の施策のミスによって失われた生産者と消費者の信頼関係は、次に「風評被害」という言葉で、消費者の無理解へと転嫁されました。
 この「風評被害」とは、単なる消費者の知識不足からくる無理解なのか。小山良太さん( 福島大学教授) に解説していただき、そして、福島の農の復興の可能性について語っていただきます。

2017年05月06日追加

 

《主催・問い合わせ》
NPO法人ふくしま30年プロジェクト
お申込みは電話(024-573-5697)か、下記フォームよりお願いします。

【申し込み専用メールフォーム】
http://fukushima-30year-project.org/?page_id=7862/


しんきん絆ロゴ-横

この事業は、「東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

帰還困難区域の火災

 帰還困難区域である、浪江町井出地区の十万山で発生した山林火災は、4月29日夕方から5月10日までの12日間の消火活動を要して、ようやく鎮火…

雑記

『あっちの方』

 4月25日の夕方、共同通信の配信記事で『震災「東北だったから良かった」 復興相が発言』が流れました。今村雅弘前復興大臣が、自民党二階派のパ…

雑記

「本人の責任でしょう。本人の判断でしょう」

 4月4日から26日にかけて、復興大臣の発言によって、被災地を始め、避難者が居住する各地に波紋が広がりました。以下の文章は、その渦中の4月1…

放射能測定

4年半後の紅葉山公園

[caption id="attachment_8207" align="alignleft" width="960"] 紅葉山公園内の遊歩…

告知

20175/11

【告知】 山形県大江町やまさぁーべ田植えキャンプ

ページ上部へ戻る
Translate »