アーカイブ

助成団体

ふくしま未来基金
ふくしま未来基金

東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援事業」の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
株式会社カタログハウス

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

【告知】ふくしまくらす交流会 「子どものからだを考える – 自然治癒力、免疫を中心に」

 わたしたちの腸内には様々な細菌がいて、その数は約100 兆個もあり、それらの細菌の集まりは腸内細菌叢( そう)と呼ばれています。その腸内の細菌が、人にとって生まれたときからの免疫を担っているのではないかと言われています。
 また、自然治癒力とは、人間・動物などの心身全体が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力・機能を広くまとめて指す言葉です。しかし、抗生物質の処方のしすぎが自然治癒力の一つである腸内細菌叢( そう) の乱れを起こし、免疫に影響を与えている可能性がある。この、現代医療が抱える矛盾について、健全な子どもの育成を主眼に山田真氏にお話ししていただきます。

平成29年度は、上記テーマによる山田真氏の講演会を全3回で行う予定です。
今回は、その第1回になります。

講演:山田真氏 (八王子中央診療所理事長 、子どもたちを放射能から守る小児科医ネットワーク代表)
日時:4月23日 (日) 13時30分~15時30分
場所:サンライフ福島 和室 (福島市北矢野目檀ノ腰6-16)

《主催・問い合わせ》
NPO法人ふくしま30年プロジェクト
お申込みは電話(024-573-5697)か、下記フォームよりお願いします。

【申し込み専用メールフォーム】
http://fukushima-30year-project.org/?page_id=2001

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

帰還困難区域の火災

 帰還困難区域である、浪江町井出地区の十万山で発生した山林火災は、4月29日夕方から5月10日までの12日間の消火活動を要して、ようやく鎮火…

雑記

『あっちの方』

 4月25日の夕方、共同通信の配信記事で『震災「東北だったから良かった」 復興相が発言』が流れました。今村雅弘前復興大臣が、自民党二階派のパ…

雑記

「本人の責任でしょう。本人の判断でしょう」

 4月4日から26日にかけて、復興大臣の発言によって、被災地を始め、避難者が居住する各地に波紋が広がりました。以下の文章は、その渦中の4月1…

放射能測定

4年半後の紅葉山公園

[caption id="attachment_8207" align="alignleft" width="960"] 紅葉山公園内の遊歩…

告知

20175/11

【告知】 山形県大江町やまさぁーべ田植えキャンプ

ページ上部へ戻る
Translate »